スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京楽派

■東京楽派■

東京楽派は、井元透馬(いもととうま)、西尾洋(にしおよう)、元田健太郎(もとだけんたろう)によって結成された作曲家グループです。 ■一つの観点から、時代を超えて多くの作品を■

作品展では毎回特定のテーマを決め、そのために書かれたメンバーの新作はもとより、時代や国を問わず、他の作曲家の作品も同時に並列的に紹介していきます。たとえば、とりわけ日頃演奏されることが少ないながら、現代の精神と通ずるものが多いルネサンス・バロック期の作品を私たちの作品と並置・対比することで、「現代音楽」から「現代」というくくりを取り除き、また「古楽」から「古い」という看板をはずし、どれもその時代の「今」を創ってきた作品として鑑賞していただきたいというのが、私たちの強い願いです。また、そのように古今の作品を比べることで、親しみにくいと思われる新しい音楽に一歩近づく手がかりが得られるかもしれません。常に新鮮で驚きのある曲目構成---演奏会の形づくりも、創作活動の一部として重視しています。


■作曲家の横顔■

3人の作曲家に共通するのは、同じ大学で同じ時期にともに学んだということくらいで、作風もその後の進路もそれぞれ大きく異なります。同じ年代の3人が、同じテーマでどのような音楽を創りだすのか、作品展では存分にお楽しみいただけると思います。


■作品展の特徴■

作品の演奏は、優秀で信頼の置ける演奏家を毎回招聘して行います。理想の演奏を実現するために、作曲の構想段階から練習、本番に至るまで、演奏家との共同作業は欠かせませんが、それは互いをよく知っていればこそ初めて可能になることです。単なる事務的な受注作業では、よい音楽は生まれません。

さらに特筆すべきことは、音楽界における一般的な「作品展」から一歩進んで、東京楽派は音楽をより直接に、深く、さまざまな角度から味わっていただけるよう、いくつかの企画を連結させていきます。たとえば演奏会の数日前もしくは後に、その内容に関連した講座を開き、楽譜や音源を用いながら、音楽愛好家や学生のみなさんに分かりやすく解説し、また質疑応答の時間も設けます。言葉は音楽の代わりにはなりませんが、私たちが未知の音楽へ近づこうとするとき、大いに助けになることがあります。

音楽は時代によって、文化によって、作曲家によってその定義すら大きく揺らいできます。一度聴いただけでは見えてこない部分も多くあります。しかしそれこそが芸術の芸術たるところであり、味わい深く、また興味の尽きないところでもあります。そういった側面を、音楽講座で追求していきます。


■共に、全てを、つくる■

「作品展」+「音楽講座」の一体化---作曲・演奏・聴取という、音楽を構成する3つの異なる行為の特徴を保ち、伸ばしながら、しかしできるだけ相互に浸透させていく。作曲家が全ての過程に積極的に関与し、また聴衆のみなさんをそこに誘う---

かつて作曲家は自ら演奏し、演奏家は作曲者でもありました。それぞれの分業・専門化が高度に進んだ今だからこそ、何らかの形で作曲家が音楽創造の全体に総合的・積極的に関わる必要があります。私たちは新しい作品を書くのと同時に、持てる専門知識をよりよい形で音楽行為に還元することで、音楽が内包する限りない美の様相に近づくきっかけを、聴衆の皆さんに見出していただきたい、東京楽派ならではの新たな音楽創造の形を、是非皆さんとともに作り上げていきたいと考えています。

東京楽派作品展「変奏曲~400年の時を隔てて」PageTop

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://tokyogakuha.blog77.fc2.com/tb.php/1-87bf1dc6

プロフィール

tokyogakuha

Author:tokyogakuha
東京楽派メンバー:井元透馬、神田真理子、高橋恵里、西尾洋、元田健太郎

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。